心理学でホテルの誘いを断れなくする5つのステップ

合コンや飲み会で好みの子がいたら、どうやってホテルまで連れていけばいいのか?
その方法を5つのステップに分けて紹介します。

実は女性も、気に入った男性がいれば、自分からは誘えないので少々強引にでもホテルに誘って欲しいと思うものです。

ですから、飲み会のスタート段階から気に入ってもらえるようなアクションを起こしておけば、ホテルに誘う時は少々強引でも大丈夫ということです。

飲み会のスタートから、ホテルに入るまでのステップをマスターして、次の合コンやでさっそく使ってみましょう!

ステップ1 女性を褒める

女性は、褒められれば気持ちよくなるし、褒めてくれる相手に嫌われたくないという感情が出てきます。

褒めるポイントも「可愛いね」「スタイルいいね」という一般的なものでいけません。

  • 「肌キレイだね」
  • 「声が癒し系だよね」
  • 「君の話し方、可愛くてずっと聞いてたい」
  • 「そのワンピースとブーツ、似合ってるよ」
  • 「気が利いてるね」

という風に、ピンポイントで責める方が女性には響きます。
細かな所まで、しっかり見てくれているというのは、女性にとって嬉しいことです。

また、褒め言葉と一緒に家庭的な子には「本当はバリバリ働きたいタイプじゃない?」と逆のイメージを言ってみましょう。
同じように、派手目な子には「実は家庭的な気がするな」と言い、しっかりしてそうな子に「本当は天然だと思うな」と言います。

人は、誰でも両面を持っています。
見た目の雰囲気と逆の面を誰しも持っているので、そこを気付いてもらえた相手に対して、女性は一気に心を開きます

褒められて喜ぶ女性

ステップ2 サシで話を聞いて共感してあげる

女性は、基本的にお喋りが大好きです。
話しを聞いてくれる男性はもっと好きです。

大抵の男性は、女性の話を聞いていると「それは違うよ」「分からないな~」と否定的なことを言います。
それが、女性の話す気力を奪います

逆に、共感してくれる男性に対して、女性はもっと一緒に居たいと思うようになります。

  • 「あぁ、すごく分かるよ」
  • 「確かに、そうだよね」
  • 「話し合うな~」

という共感の言葉を、女性の会話の間に挟んであげると、気持ち良くなってどんどん話をしてくれるようになります。
どんなにつまらない内容でも、ホテルに行きたいなら辛抱するしかありません。

女性は、話しているととても楽しい気分になるので、あなたはただ聞いているだけなのに「この人といると楽しい」と、相手に思わせることができるのです。

ここまでくれば、女性との心の距離はかなり縮まります。

関連記事 ⇒ どうして聞き上手はモテるの?聞き上手になるコツとは

通じ合っている男女

ステップ3 ボディタッチで様子を見る

ボディタッチが好きなのは、男性だけではありません。
女性も、気に入った相手からのボディタッチにはキュンとするものです。

ステップ2で仲良くなれたと感じたら、軽いボディタッチをして様子を見てみましょう

  • 「髪キレイだね、やっぱり女の子は髪の手入れって大変なの?」などと言いながら、髪を触ってみる。
  • 膝が当たるか当たらないかの距離にいて、たまに膝同士が触れるようにする。
  • 「こっちに座れば」といって、腰や背中に触れてサポートする。

もっと仲良くなったら、外から帰った時に無言で頭をポンポンとしてみるのもいいでしょう。

こんな軽いボディタッチを、相手が嫌がっていないようなら、ホテルへの道のりはかなり近付いてきたと思って間違いありません。

関連記事 ⇒ 【これって脈あり?】気になる男性に見せる女性からのサインとは

女性にボディタッチをする男性

ステップ4 ダブルバインド(心理学)を使って断らせない

いざ、解散になり上手く2人っきりになれたら、手をつないでみましょう。
女性が嫌がらなかったら、ダブルバインドという方法でホテルへ誘います。

ダブルバインドとは心理学で、AとBのどちらかを選ぶように促すのですが、そのどちらの答えにも選択させたくない答えを用意しないという方法です。

具体的な例として「この先にあるホテルと、少し離れた静かなホテルどっちがいい?」と聞くのです。
その選択肢に、帰るという選択はありません。

「俺の家とホテルどっちがいい?」という選択肢を使うのもいいでしょう。

「ホテルに行こうか?」「ホテル行く?もう帰る?」などと誘ってしまうと、女性は断りやすくなります
どんなにノリ気になっていても、やっぱり会ってその日に自分から進んでホテルに行くなんて、とどこかで思っています。

曖昧な誘い方をされると、女性としては断らなくてはいけない状況になってしまうのです。

少々強引なようでも、ホテルに行くのは当然で、どこのホテルにする?という選択しか与えてはいけないのです。

選択肢を持つ女性

ステップ5 断る方がおかしいと思わせる誘い方

ステップ4で女性をホテルに誘う時は、付き合ってない女性に対してでも、自信を持って誘いましょう。
少しでも男性側に隙があると、ホテルに行こうか迷っている女性は「また今度」と、断りやすくなります

当然行くでしょ?という自信満々の態度こそ、迷っている女性に踏ん切りを付けさせます。

自信満々で腕組みする男性

ラブホテルに誘うなら断られることを恐れてはいけない!

このステップを使っても、上手く行かないことは当然あります。
ただ、何度か断られたからと言って、自信を無くしてはいけません。

断られて当然、断られたら次!くらいの気持ちで誘った方が、女性から見ると余裕を感じられるので、かえって上手く行きやすくなります。

何度もトライして、自分のものにすれば成功率もどんどんアップしくのでお試しを!