【女性100人に聞いてみた】ナンパに付いて行ったことありますか?

成功する見込みのないナンパに奮闘する男性

ナンパ

男ならば一度は憧れながらも、それを実行に移すことはほとんどしないであろう行為です。

したいという気持ちがあっても、どうしても失敗したときの恐怖が打ち勝ってしまい、実行できる男性というのは非常に限られています。

ナンパをよくする男性は、「ダメでもともと。失敗したってそれでサヨナラなんだから、何も怖くない」という考えでナンパをするそうです。

そうは言っても、いざ失敗したら精神的ダメージはかなりあるでしょう。できることなら、傷つかずに済むのならそれに越したことは無い、と考える草食系男子も多いと思います。出会いの場なら、他にもたくさんありますからね。

今回は実際にナンパされたことのある女性に話を聞いてみました。

ナンパに付いて行ったことありますか?

このページを読んでいる方がもっとも知りたいのは、「ナンパって実際に成功するの?」という言ってんだと思います。成功しないナンパほど虚しいものもなかなか無いですからね。

まずは、女性に聞いてみた「ナンパされた回数」と「ナンパされて付いて行った回数」がこちらです。

今までにナンパされた回数
1回 4人 4%
2〜3回 37人 37%
4〜5回 20人 20%
6〜9回 10人 10%
10〜19回 14人 14%
20~49回 13人 13%
50~99回 2人 2%
100回以上 0人 0%
ナンパされて付いて行ったか?
ある 32人 32%
ない 68人 68%

ナンパされた回数は2,3回が1番多いですが、それ以上と答えた方も結構いました。1度でも声をかけられる女性というのは、他の男性から見ても魅力的ということでしょうか?それとも、ナンパしやすいと思われているのかも・・・?

そして、ナンパに付いて行ったという女性は3人に1人という結果になりました。やはり、見ず知らずの男性からいきなり話しかけられて、そのまま付いていくという女性は非常に少ないようです。

ちなみにあまり関係ないかもしれませんが、ナンパされた回数と付いて行ったかどうかのデータの相関関係がこちらです。

ナンパされた回数 ナンパに付いて行ったことがある  ナンパに付いて行ったことはない
1回 0人 0% 4人 5.8%
2〜3回 6人 18.75% 31人 45.59%
4〜5回 8人 25% 12人 17.65%
6〜9回 2人 6.25% 8人 11.76%
10〜19回 6人 18.75% 8人 11.76%
20~49回 8人 25% 5人 7.35%
50~99回 2人 6.25% 0人 0%

ナンパに付いてったと答えた方は、ナンパされた回数に関係なく幅広くいました。対して、ナンパに付いて行かないという方は、ナンパされた経験が少ない人に多い傾向がありました。

もしかしたら、ナンパ慣れしてる女性なら落とせる可能性が高いかも!?

ナンパからセックスまでいった?

ひとまずナンパに成功したとしましょう。でも、食事やお酒を楽しんでサヨナラ、であなたは満足できますか?もちろん、それも楽しいですが。

やはり、そのあとヤレるかどうか、という点が気になるところのはずです!

ということで、上記のアンケートで「ナンパに付いて行ったことがある」と回答してくれた女性に、その後肉体関係があったかどうかを聞いてみました。

ナンパから肉体関係はあった?
ない 21人 45.7%
当日に 6人 13%
連絡先を交換して後日に 8人 17.4%
付き合った 8人 17.4%
セフレ関係になった 3人 6.5%

「肉体関係はなかった」との回答が1番でした。夢が無いとは思いますが、当然の結果でしょう。

しかし、半数以上は肉体関係があった、と考えると結構多く感じますね!

また、当日にセックスした人よりも連絡先を交換して後日改めてという人が多かったのも、セックスは一旦パスする人が多いということだと思います。メールやLINEのやり取りをすることで、ある程度信用のおける人物かどうかが確認できてから、いざセックスということでしょう。

ナンパされて付いていく方が3割、さらにセックスまでするのがその半数以上と考えると、15%くらいはナンパからセックスができるということになりますね!10回に1回以上は成功するかも、と考えると夢があると思いませんか?

ナンパでお持ち帰りされた女性の体験談

ここからは、実際にナンパされてお持ち帰りされた女性の体験談になります。

渋谷ナンパからの恵比寿のおうちでエッチ体験

今から2年前の24歳の時に生まれてはじめてナンパについて行ってしまいました。

その日、わたしはもともと別の場所で友達とごはんをしていたのですが、解散後なんとなくこの後このまま帰るのも寂しいな〜、と思ってしまい渋谷の町をふらふらしていました。

暇だしそろそろ帰るかなあ、なんて思ってスクランブル交差点を駅方面へ歩いていると『今、目あったよね!?』とナンパの常套文句のような声かけをされ、そのままもうすこし喋ろうよ、ということでついて行きました。

行った先はハブ!土曜の夜ということもあり、人混みがすごく一緒に来た人とはぐれてしまいました、、。しかし流石のハブ、その後またすぐ別の人に声をかけられ、一杯おごるから一緒に飲もう、ということでそっちの人とそのまま乾杯♩

横目に最初の人も見えましたが、後から声をかけられた人の方がタイプだったので、そのまま動かず楽しんでいました。何杯か飲んで出来上がってしまい、気づけばタクシーに、、、。

向かった先は恵比寿のおうち。この頃はもう酔っぱらっていたのであまり記憶もないのですが、しっかりいちゃいちゃしていたような気がします、、。

翌朝起きてびっくり、実はその家はシェアハウスで他の人とも同居でした。他の住人の人たちに声を聞かれたのではないかとヒヤヒヤです!

1人目かわいそう・・・笑

ナンパが成功しても、気を抜いてはいけませんね。最後の最後まで、しっかりと女性をエスコートしましょう!

夫との出会いは通勤電車

当時私は26歳の会社員で新宿にある仕事場まで毎日京王線で通勤していました。

ある日の帰宅途中に電車の中で視線を感じたので振り返ると背の高い男性がこちらを見ていました。彼はドアの方を指差し電車から降りるようにジェスチャーしてきました。

そのときは見覚えのない人だったので気持ち悪いと思い無視しました。

乗り換えの駅で電車から降りると背中をポンポンと叩かれました。振り返るとさっきの男性が緊張した様子で立っていました。話を聞くと彼は新宿で働いていて八王子に住んでいるサラリーマンとのことでした。

何で呼び止められたのか訳が分らず不審な目で見ていると彼は名刺を出して自己紹介し、喫茶店で話そうと誘ってきました。怪しいとは思ったのですが誠実な印象を受けたので駅の近くのドトールに入りました。

コーヒーを買って椅子に座ると彼は少し落ち着いて電車の中でタイプの女性を見つけたので勇気を出して声をかけたと笑いながら言いました。

彼にとって初めてのナンパだったそうで、汗をタオルで必死に拭いていました。その日は趣味の話や仕事の話で意気投合し、連絡先を交換して別れました。

週末に昼食を一緒に食べ、その月の終わりには彼のアパートに初めてのお泊りをして付き合い始めました。2ヵ月後には同棲を開始、4年後に結婚しました。

ナンパから付き合って最終的に結婚まで、しかもクラブやバーなどではなく通勤電車内とはなんと大胆な男性でしょうか。

出会いは一期一会、気になる女性がいたら声を勇気を出して声をかけてみると、こんなこともあるようです。

彼氏と別れたばかりでさみしかったこともあり

大学の夏休みの時に、高校時代から付き合っていた彼氏と別れて落ち込んでいる私を元気つけようと友達が大阪への旅行に誘ってくれました。

彼氏とは2年間付き合っていて、大学に進学してから、遠距離の関係になり最近はちょっと危ないかなとは思っていたものの、実際別れてみるとやっぱり寂しくて辛い毎日でした。

なので、旅行の最中はいっぱい楽しい思い出をつくようと、普段ではあまり飲まないお酒を飲みに、夜は居酒屋やちょっとおしゃれなバーなどにも出かけてみたりしました。

その時に、男性二人組に話しかけれ、一緒に飲んでいるうちに気づいたら友達が男性といい感じになり、二人でどこかに出かけてしまったのです。

もしかして私もそういうことになっちゃうのかなって思ったんですが、別れて寂しかったのもあり、何よりその男性が割りと好みだったので、酔った勢いってことでホテルに行こうって言われたらオッケイしちゃいました。

連絡先とかは聞かれなかったし、こっちも聞かなかったので本当に旅の思い出っていう感じでしたが、若気の至りってやつでいい思い出になりました。

でも、体を重ねても全然寂しさって埋まらないんだって気づいたので、いい勉強にはなりました。

男性はセックスして射精をすれば満足という方も多いですが、女性はセックスに求めていることが性欲発散以外にも多種多様です。

ワンナイトラブからセフレにレベルアップするためには、女性の要望にも柔軟に答えていく必要があります。

バーで一人酒をしていたら

その日は、なんだか家に帰りたくなかったので街の繁華街に遊びに行っていました。ひとりバーに入って飲んでいたら、隣にスーツの男性が座ってきて、私に話しかけてきました。

私はその時学生だったのでスーツの男性にドキドキしてしまいましたし、そのドキドキが伝わってしまったのか、男性にどんどんお酒をご馳走になり、べろんべろんになってしまいました。そしてそのままホテルに。

大人の男性、ちょっと強引な人でした。ただのサラリーマンではなく、実はやくざのようなお仕事の人でした。ただ一晩遊びたかった。それだけだと思います。

彼とホテルで、彼のリードでエッチしました。でも私はそのリードが好きでした。

そして朝になり、彼が私に「なにか危ない目にあいそうになったらここに電話しな」と連絡先を教えてくれました。

私はあれから彼の連絡先に電話をするうような危ない目には合っていないのですが、私もどうかしていた一晩だったなと思っています。

彼とはおつきあいなんてしてもらえないだろうし、したらしたで大変な目にあいそうな危険な感じがしたのでその日からはかかわっていません。

でもたまに彼に会えないかなと思いながらバーに顔をだしたり繁華街を歩きに行っている自分がまだいます。

ヤクザのような人でもナンパってするんですね・・・。女性の方には気をつけて欲しいと思います。

女性がまだ学生の場合、スーツをピシッと着ている大人の男性はなんとなく魅力的に写るようです。さすがに女子高生以下を狙うのはヤバイので、女子大生あたりが狙い目になりますね!

カラオケからの

カラオケで友達と楽しく歌っているといきなりいぇーいみたいなかんじで男のグループが入ってきて一緒にのって歌ってきました!! そこから部屋を行き来し始めて何度もこちらの部屋に来られたのでうざいなーと思い友達と相談をして出ようとしていたところにその人たちがご飯行こーっと誘ってきました(笑)

全くかっこいいとか雰囲気がいいとか優しそうとかそういうわけではなくむしろまったく興味かなかったのですがその場のノリで奢ってくれるといってくれたので奢りならいいかーという感覚でついていきました!! やはり興味ない人達とのご飯はいくらただ飯とはいえ苦痛でした(笑)(笑)(笑)

その後なかばむりやり?連絡先交換させられてしつこいくらいの毎日のアプローチでまさかの付き合うことになりましたがよくわからないまま別れることになりました(笑)

その当時私には付き合ってる彼氏がいたのでもっとその人を大事にしてナンパ男なんかについていってた場合ではなかったなーとおもいました(笑) その時は肉体関係等はなかったです付き合ったのにキスすらもしなかったのでもはや出会った意味はわからないくらいです(笑)

今思えば高校生の頃の苦い思い出ですね(笑)

結構強引なナンパですね。

押しに弱い女性であれば、ガンガン押すことでお持ち帰りできちゃったりすることもあるかもしれません。

仕事からの帰り道、駅で。

仕事から帰ろうとして駅への階段を登っていた時、ひとりの男性に声をかけられました。

なぜ私に声をかけたのかはわかりませんが、「一緒に食事をして時間を潰せる相手を探している」との事で、私も時間がありましたのでついていくことにしました。

当事は時間に余裕があり、知らない人との性行為について抵抗がなかったからです。 風俗店勤務の経験があったことも、男性と接触することに関してハードルがものすごく低かったのだと思います。

また、その男性の身なりは可もなく不可もなく、生理的嫌悪といったものも全くありませんでした。今思えば大変危ない事だなと我ながら思います。

男性はどうやら出張で私の住んでいた地域へ来ていたようで、20代後半くらいだったかと思います。私は帰宅を諦め、近くのファミレスで男性にご馳走になり、その後ホテルへと向かいました。

人とお話をすることはあまり得意ではないのですが、男性がずっと楽しい話をしてくださっていたことを覚えています。一緒にいた時間は3時間程度でしょうか。それがお約束のように行為はありました。

食事を奢ってもらう代わりに行為を差し出した形です。行為についても可もなく不可もなく、でした。

前述しました通り男性は出張で来ていただけなので二度目があるはずもなく、互いに連絡先を交換することもなく終わりました。

ナンパ慣れしている女性は、お持ち帰りしやすい傾向にあるのは本当のようですね。

あと、身なりや清潔感といった第一印象で女性に嫌悪感を与えないようにするのが大事です。

 

近所のスーパーが出会いの場でした

仕事帰りにいつものスーパーに入ろうとした時に、可愛いい自転車が置いてあり何となく目につきました。

店内に入るとすぐにある男性と目が合い、第一印象で見かけたことのない人だけど好みの顔だな~と思いました。

その後は特に彼を気にすることなく買い物をすませてレジに並ぶと、先に会計を済ませていた彼とまた目が合いました。

私がスーパーを出るころには彼はいなくて、スーパーに入る時に気になった自転車もありませんでした。

ところが、家に帰る途中にある古着屋さんの前にその自転車が停めてあり、店の前を通る時に何気なく店内に目をやると彼がいました。あの自転車は彼のだったんです。

そのまま店を通り過ぎて歩いていると後ろから、自転車に乗った彼に声をかけられました。私の家の方へ向かいながら話していると、偶然にも私の家の近くに引っ越してきたばかりだということが分かりました。

その日は家に彼氏が来ていたので、特に連絡先の交換などもせずに家のそばで別れました。

数日後、仕事帰りにまた偶然会い彼の家に寄ることになり、そのまま肉体関係をもちました。勤務先も近かったので、朝一緒に出勤したり、仕事帰りに待合せたりと頻繁に会うようになっていたのです

が、数か月たった頃に勘の良い彼氏にバレてしまい、それ以降はその彼と合うことはしませんでした。近所に住んでいるのでたまに見かけることはありましたが、そのうち見かけることも無くなったので、また引っ越したのかな?と思っています。

あっけなく関係は終わってしまいましたが、「可愛いな~」と目についた自転車が彼の物だったという偶然と、その彼にナンパされたことに何だか縁を感じたので今でも印象に残っている体験です。

女性側がすでに好意を持っていてナンパが成功したパターンです。自転車の可愛さがギャップになったのでしょうか?

数撃ちゃ当たる

今回、ナンパをされたことがある女性にアンケートを取ってみて、ナンパは必ず成功するものでもないけど中には付いてくる女性も割といる、という印象を受けました。

数値的には3人に1人でしたが、ナンパしてきた男性によって態度は変わると思われるので、清潔感やトーク力などに力を入れるともっと成功率は上がると考えられます。

ただ、ナンパを日常的に行って楽しんでいる男性でも失敗して当然、といった姿勢で臨むことが多いです。失敗してもへこたれないメンタルは必要になります。

まずは、モテる男づくりから始めてみてはいかがでしょうか?