【女性100人に聞いてみた】トキメキを感じた男性のさりげない気遣い

女性は、男性が何気なくとった行動やしぐさに心を奪われる瞬間があります。その行動に、優しさや親しみやすさなどを感じて、好感を持つのです。

男性らしく頼りがいのあるところを見せたり、不意に見せる優しさなど、ちょっとしたことにも女性は心奪われます。

今回は、100人の女性にアンケートをとり、実際に男性のどんな行動やしぐさにトキメキを感じるのか聞いてみました。

荷物を持ってくれる

アンケート回答

  • 重い荷物を「持つよ」と、サッと持ってくれた。
  • 荷物をさりげなく持ってくれる。あからさまではなく、さりげなく。
  • 買い物をした時にさりげなく荷物を持ってくれる所。

女性は、男性と比較して荷物が多めになります。デートに行くときでも男性は手ぶらでも、女性は手荷物があるのがほとんどです。

デート中に買い物でもすれば、さらに荷物が増えることになります。そこで、さりげなく荷物持ってあげるのがモテる男の行動なんです。

このとき大事なのは、さりげなくであること。「持ってあげるから感謝してね」といった押し付けがましい優しさはいらないのです。

車道側を歩く

アンケート回答

  • 道を歩いているとき車道側を歩いているときにさりげなく男性が車道側を歩くように変わってくれたとき。
  • 一緒に道を歩く時、男性が車道側を歩いてくれる
  • 二人で歩いていて、車が来たときにさりげなく車道側に移動してくれた。

町中をデートしているとき、車の通る道路を歩くこともあるでしょう。

そんなときは自分は車道側に、女性は反対側を歩かせるのがベストです。

男性は車道側を歩く

車道側は車が行き交うので、何かあったときは危険が伴います。万が一のときのためにも、車道側を歩きましょう。

ネクタイを緩める仕草

アンケート回答

  • ネクタイを外すしぐさ。
  • ネクタイを緩めようとする時の仕草。
  • ネクタイを緩め、 外す。(ぎこちなさは無く、慣れた手つきでスマートに)

なんてことない仕草ではありますが、男性がネクタイを緩めて外す仕草に女性はキュンとすることがあります。

ネクタイを外すという仕草は、仕事からプライベートへと切り替わるオンとオフの切り替えを示していて、男性の普段とは違った一面が見えるのが良いのです。

ネクタイを緩める

運転テクニック

アンケート回答

  • 車運転中に、急ブレーキをした際
    助手席に乗っていた自分の前に手を置いて守ってくれた。
  • 車の運転をスムーズにしている時。
  • 車のハンドルさばきが上手で、停めにくそうな駐車場にもさ~っと車をバックさせてとめてしまうこと。

ドライブデートなどで車を運転しているとき、女性は運転するときの男性をよく見ています。

駐車するときなど、運転慣れしていないと難しそうなことも簡単にこなせると、女性はトキメキを感じるのです。バックで駐車は、もはや定番となっています。

また、やむを得ず急ブレーキを踏む場合、片手で助手席の女性を支えてあげるのもポイントが高いです。

運転手であれば急ブレーキ時でも自分でわかっているので覚悟ができていますが、助手席に座っている女性は急なことで対応できません。そこで片手を添えて気にかけてあげると、女性も安心感を得ることができます。

頭を撫でる

アンケート回答

  • ふいに頭をなでられた時
  • 二人っきりの時に頭を撫でられて思わずときめいて好意があるのかと勘違いしてしまった。
  • 定番ですが、褒めるときの頭ポンポン。「ただしイケメンに限る」というのが難点ですが、そこを越えるとさりげないのにすごい破壊力です。

女性の頭を撫でてあげるのも、男性としてポイントが高くなります。撫でるだけでなく、頭をポンポンするのも少女漫画などで定番ですよね。

しかし、注意しなければならないのは、女性は男性であれば誰でも良いわけでは無いということでしょう。全く好意の無い男性から頭を撫でられると、逆に嫌悪感を感じてしまいます。

女性の頭を撫でる行為は、諸刃の剣とも言えます。距離感は大事にしてください。

ドアを開ける

アンケート回答

  • お店を出るときに、ドアを開けて待っていてくれたこと。
  • お店などなに入る際
    ドアを開けておいてくれて、先に通らせてくれる時
  • お店に入るときに私にドアを開けてくれただけでなく、小さい子供を連れていた親子の為にもドアを押さえてあげていたこと。

お店などのドアを男性が開けるのも、女性がキュンとする行動の一つです。

女性に余計な労力を使わせない気遣いで、高感度を上げることができます。

このときの大事なポイントは、ドアを開けて先に自分が入ってしまわないことです。男性は開けたドアを抑えたまま、女性を先に入れてあげましょう。レディ・ファーストです。

エスカレーターで女性を上にする

アンケート回答

  • エスカレーターで、さりげなく下側に行ってくれたとき
  • エスカレーターは男性が下の段で、女性を上にエスコートする。
  • エスカレーターの時は常に先に行かせてくれる。上がりの時はスカートの真後ろに乗ってくれるから下から覗かれなくて安心した。

2人でエスカレーターに乗るときは、女性を上に男性は下に乗るのがモテる男の行動です。

これには様々な理由があります。

例えば、万が一に備えての危険防止のため。

女性がもしバランスを崩して後ろに倒れても、男性が下で支えることができるので安心感があります。女性はハイヒールなど不安定な靴を履くことも多く、男性が大丈夫な場所でもバランスを崩すことがあるのです。

その他にも、女性がスカートを履いている場合、下から見えないようにガードの役割を男性が果たすという意味合いもあります。このときは、間違って自分で覗いてしまわないように!

また男性の身長が高く身長差がある場合は、男性が一段下に乗ることで目線が近くなるというメリットもあります。

あくまでさりげなく

ここまで、女性をキュンとさせる仕草や行動を紹介してきましたが、これらをわざとらしくアピールするように行っても意味がありません。あくまでさりげなく、自然に行うのです。

また、女性側がある程度の好意を持っていないと効果が無い場合もあります。普段から魅力を感じさせる必要もあるのです。

まずは、男としての魅力を磨くところから始めてみても良いかもしれませんね。