バーでセフレと出会う・作る方法

バーでしゃべる男女

セフレとの出会いの場でおすすめなのは、ずばり「バー」です。

もちろん、ただバーへ通っていれば自動的にセフレができるわけではありません。かと言って、特別なテクニックが必要なわけでもないんです。

今回は、ごく普通のサラリーマンでもバーでセフレと出会う方法をご紹介したいと思います。

声をかけやすいバーを選ぶ

一概にバーと言っても、その営業形態は様々です。

店内が静まり返っているような、気軽に声をかけ辛そうなバーでは、もし好みの女性がいてもセフレどころか連絡先を交換することもままなりません。

おすすめは、アイリッシュパブのようなフランクな雰囲気のバーです。

もし貴方がバーへ行ったことがなくても、洋風居酒屋と考えればだいぶ敷居も低くなりますよね。

またそういったバーには20代の若い女の子から40代の成熟した女性まで客層の幅が広いので、貴方好みの女性を見つけやすいというメリットもあります。

カジュアルなバー店内

あまり空きすぎのバーは厳禁

セフレ作りに適したバーは、ある程度客が入っていることが最低条件です。

バーテンや他の客に会話が丸聞こえになっているような状況では、貴方が手練れのナンパ師でもない限り、なかなか好みの女性がいても声をかけられないですよね。

クラブのような騒がしさは要りませんが、そこそこ客が入っていて他のテーブルの会話が微かに聞こえてくるような店の方が声をかけやすいのは明らかです。

カウンター席の距離が近い店を選ぼう

席同士に距離があると、必然的にかける声の音量も大きくしないといけません。

そんな風に声をかけられては、女性の方も恥ずかしがって貴方との会話を続ける気が無くなってしまいます。

理想としては、囁き声でも聞こえるような距離がベストです。席が近ければその分ボディタッチもしやすくなって、お互いにセックスへの期待を高めることもできます。

口コミサイトなどから店内の写真を確認し、その店の雰囲気を見てみるのもいいでしょう。

スマホで検索する男性

まずはその店に通ってみよう

セフレ作りに最適なバーを見つけたら、何度かその店に足を運んでみましょう

初めて店へ行ったその日に女性を物色してはいけません。もし相手の女性がその店の常連だった場合、初めてやって来た男性に声をかけられたらいくら好みのタイプでも警戒してしまいますよね。

まずはバーに通って、その店の空気を知ることが大切です。

店の雰囲気に慣れてしまえば心に余裕が生まれ、女性に声をかけやすくなります。相手の女性が常連だと、顔を合わせる機会も増えるので、二人の距離を縮めやすくなります。

またその店のバーテンや常連と仲良くなっておけば、好みの女性を見つけたときに協力してくれるかもしれません。

女性を口説く男性

 

座る位置も重要

バーはセフレと出会える確率が高いからといって、そう都合よく好みの女性が近くに座ってくれるとは限りません。

セフレ探しに焦りは禁物です。

何度か通って好みの女性が現れたら、自分から積極的に近くの席へ移動しましょう

そのためには、まず店に入ってからあなたが座る席の位置も重要です。いくらバーでは自由に席を変えて問題無いとはいっても、遠くの席からわざわざ隣りに座られたのでは女性も引いてしまいます。

ベストなポジションは、カウンターの一番奥まった席です。

そこであれば、もし女性が真ん中あたりに座ったとしても、端ではバーテンダーに注文しづらいという理由で自然に移動できます。

またあまりにも混んでいる店でなければ、最初はテーブルで飲むのもいいでしょう。

やっぱり一人だからとカウンターへ移動もできますし、女性がトイレへ立った隙に「一緒に飲みませんか」と声をかけやすくもなります。

女性に話しかける男性

一人客と複数客の違い

バーに来る女性は一人客とは限りません。

声をかけやすいのは圧倒的に一人客ですが、友達と飲みに来ている女性もいるでしょう。でも相手が友達連れだからといって怯む必要はありません。

「一杯奢ります」と言われて喜ばない女性はいませんし、貴方も友達と来ていれば、ボトルを頼んで「一緒に飲みませんか」と自然に声をかけることもできます

相手も友達が一緒なら、そう警戒することなく誘いに乗ってくれるでしょう。

もし相手が一人で飲みに来ていれば大チャンスです。

女性が飲んでいるお酒を指して、「それ僕も好きなんです」と言えば自然な成り行きで会話がスタートします。女性のお酒が無くなるタイミングで一杯奢れば完璧です。

ただそのお酒があまりにもアルコール度数の強いものの場合、「酔わせようとしてる?」とやっぱり女性は警戒してしまうので気をつけてください。

皆で乾杯

女性の隙を見極めて

バーで飲んでいる女性には、大抵「隙」があります。

お酒が入っているせいもありますが、やはり居酒屋でわいわい飲んだり家で一人まったり飲むのでは満足できないような、「心の隙」を持った女性が来店してくるのです。

相手の女性の隙を見つけたら、セフレ関係にまで持ち込むのはもう簡単。

そこそこ酔いが回ってきたタイミングを見計らって、ボディタッチや口説きでセックスを意識させましょう。そうやって一度関係を持ってしまえば、二人のセフレ関係はスタートすること間違いなしですよ。

 

セフレとはどこで出会えるの?セフレ経験者67人に聞いた結果

セフレとどこで出会った?
調査方法:インターネット調査
出会い系サイト 20人 29.9%
職場 10人 14.9%
知り合い 8人 11.9%
SNS・掲示板など 7人 10.4%
居酒屋・バー・クラブ 6人 9%
学校 5人 7.5%
合コン 3人 4.5%
風俗 2人 3%
同窓会 2人 3%
イベント 2人 3%
その他 2人 3%

アンケートの結果、思っていた通り、出会い系サイトでセフレを作ったという方が、全体の約3割というダントツの多さになりました!男性・女性ともに、1番多かったです。

出会い系では無い、SNSなどのインターネットと答えた方もそこそこいました。これを合わせると、4割の人がインターネット全般でセフレを作っているということになります。

セフレと出会った方法とは|セフレ経験がある男女67人に聞いた

2017.09.04

出会い系でセフレを作った153人に聞いた!どのサイトを使った?
2018年9月更新(累計)

どのサービスで出会ったか?
調査方法:インターネット調査
ハッピーメール 21人 13.7%
Jメール 19人 12.4%
タップル誕生 15人 9.8%
PCMAX 14人 9.2%
ペアーズ 12人 7.8%
ワクワクメール 7人 4.6%
with 5人 3.3%
mixi 4人 2.6%
YYC 4人 2.6%
Facebook 3人 2%
Twitter 3人 2%
モバゲー 3人 2%
その他(2票以下) 43人 28.1%

結果は、1位ハッピーメール、続いてJメール、タップル誕生と続く感じです。

mixiやモバゲーなどは時代を感じますね。昔はこれらソーシャルゲームサービスを通じて出会うこともできましたが、今は廃れてきているので難しいかと思われます。

その他には、twitterや掲示板、昔流行った出会い系(スタビなど)、マイナーな出会い系などがありました。

セフレ探しに適した出会い系サイト


・ハッピーメール(18禁)

・Jメール(18禁)

・タップル誕生(18禁)

このあたりの出会い系サイトが良さそうですね。

これらのサイトは、今も広告費かけて宣伝していますので、アクティブユーザーはそれなりにいるかと思います。その代わり割り切り目的もたくさんいるので、見極める力が大事です。

ペアーズは真面目よりな恋愛マッチングサイトなので、セフレも結果的にそうなったという方が多いです。最初からセフレ目的だとちょっと使いづらいかもしれませんね。

【セフレ経験者に聞いた】セフレ作りで使った出会い系ランキング

2017.10.30

出会い系の上手な使い方(管理人の方法)

「割り切り目的」と「素人女性」の見極め方法は、割り切り目的の人の気持ちになれば、ある程度なら区別はつきます。

それは、「投稿を繰り返している女性」「いろんなカテゴリに複数投稿している女性」は割り切りである可能性が高いということです。逆に、いつも見ない女性の投稿があれば、素人の女性である可能性が高くなります。もちろん絶対ではありませんが。

<出会い系で女性に会うポイント1>
いつも見る女性は避けて、初めて見る女性を狙う

それと、特定の出会い系サイトに絞らないで、広告をよく見かけるちゃんと運営されている複数のサイトに登録して、定期的に各サイトの投稿者の顔ぶれを確認することが重要です。

例えば、仕事終わりに確認する、20:00に確認する、土日のみ確認するなど、ルールを設けておけばサイト閲覧だけは案外簡単です。そして、「この子、初めて見るかも!」っと思ったら返信や直接メッセージを送るようにしましょう。

<出会い系で女性に会うポイント2>
複数の出会い系サイトに登録し、定期的に投稿女性の顔ぶれを確認する

出会い系サイトでは「気持ちの余裕」が大切です。セフレが欲しいと焦ると、稼働していないアカウントに大量に直メッセージを送ったり、エッチなプロフィールなどを見てしまい、無駄にポイントを消費してしまいます。

<セフレ探しにおすすめ出会い系サイト>

・ハッピーメール(18禁)

・Jメール(18禁)

・タップル誕生(18禁)