セフレがバレた時の慰謝料相場を判例を元に検証!

セフレは、ただの友達…そう思っているのは本人たちだけで、あなたが結婚している場合や、相手に夫がいる場合は不倫になります。
愛情はない、なんて言い訳は残念ながら通用しません。

もしあなたの奥さんや、相手の旦那さんが慰謝料を請求して来たら、よっぽどのことがない限り支払いを回避することはできません。

それでは、セフレがバレて慰謝料が発生した場合、だいたいいくらくらいが相場なのかチェックしておきましょう。

あなたが既婚でセフレがバレた時の慰謝料相場

あなたに家庭があり、妻とは別の女性と肉体関係を持った場合、それが愛人でもセフレでも「不倫」とみなされます。

妻からあなたに慰謝料を請求されたら、あなたはそれを支払わなくてはいけません。

また、妻からセフレの女性に慰謝料を請求することもできます。
それらの慰謝料の相場を見てみましょう。

妻からあなたに請求される慰謝料相場

不倫がバレた際に、妻から夫(あなた)に請求される慰謝料の相場です。

  • 不倫がきっかけで離婚になった場合 100~300万円
  • 離婚はしない場合 50~100万円

これは、あくまでも相場なので、不倫が発覚するまえでの結婚期間や夫婦仲、あなたの収入などによって変わってきます。

何も請求せず離婚する妻もいれば、500万円以上の慰謝料を請求する妻もいます。
また、500万円以上の請求でも場合によっては認定されて支払いう義務が出ることもじゅうぶんあり得ます。

妻がセフレに対して請求する慰謝料相場

セフレに対する慰謝料の相場も、同じくらいの料金が相場になります。
多いのは、離婚に至った場合は200万円程度です。

しかし、これも悪質性や夫婦関係、結婚期間や子供の有無によっても変わってきます。

例えば、セフレと別れて欲しいと妻から何度も言われているのに、別れずに会っている場合や、妻への嫌がらせ、暴言などがあった場合にも、額が大きくなる可能性があります。

いくつかの判例をチェック!

夫が、不倫相手を妊娠させてしまったケースでは、妻から夫に500万円の慰謝料が認定されたケースがあります。

また、妻に不倫がバレたにも関わらず、関係を続けており妻が精神的なショックでうつ病などを発症したケースでも、400万円程度の慰謝料が認定されています。

悪質性や、妻側の状態によっては高額な慰謝料を請求され、それが認定されることもあります。

逆に、妻からの請求額が300万円だったにも関わらず、妻が夫とのセックスを拒んでおり、家事を放棄していたという理由で慰謝料がゼロになった判例もあります。

調停の様子

セフレが既婚者であなたが慰謝料請求される場合

セフレが既婚者の場合、相手の旦那に不倫がバレてしまい離婚になると、あなたが慰謝料を請求される場合があります。
その際の相場も、同じく離婚の場合は100~300万円程度が相場です。

しかし、旦那の性格や相手の夫婦関係次第では、増減するのであくまでも相場と思っておきましょう。

慰謝料を払わない場合どうなるの?

慰謝料を請求されたものの「そんなお金はない」「払いたくない」などの理由で払わなかったら、どうなるのでしょうか?

まず、ちゃんとした不倫の証拠がある場合、逃げるのは難しいと観念するしかありません。
慰謝料の支払いから逃げても、かえってあなたの状況を悪くしてしまいます。

離婚後住所や職場を変えることができれば、慰謝料からどうにか逃げ切ることができますが、これも得策とはいえません。
住所を知られて裁判になれば、周囲からの心証も悪くなりますし妻側の怒りを買うことになってしまいます。

こうしたことから、逃げるという選択をしても良いことがないのは明白です。

誠意を持って対応し、払えない額の場合は何度も話し合い、額を下げてもらう交渉をする方が、よっぽど賢明です。

慰謝料を請求されないケース

ホッとする男性

あなたにセフレがいるのがバレても、妻から慰謝料を請求できないケースがあります。

例えば、あなたが妻に何年もセックスを拒まれているというケース。
このケースでは、セックスを拒んでいた妻側が、あなたの不倫で裁判をしても不利になる場合があります。

同じように、何年も別居していて事実上婚姻関係が破たんしている場合も同様です。

妻の結婚生活に対する態度も、慰謝料に関係してきます。

セフレが既婚者の場合も、夫が家庭を放棄して家に帰って来ないなどの状況なら、不倫の事実があっても夫側から慰謝料を請求できないケースがあります。

セフレが独身で、あなたが既婚者の場合、セフレがあなたの結婚の事実を知らなかったと主張すれば、妻がセフレに慰謝料を請求することはできません。

セフレに迷惑をかけたくないなら、あなたが既婚者なのを隠し通すか、少々ズルい方法ですが既婚者だと知らないことにしておくと、妻がセフレに慰謝料を請求できなくなります。

既婚者がセフレを作るならバレないことが必須!

セフレがバレで慰謝料を請求されたら、額を減らすことはできても、逃げられることはないと思っておきましょう。
ですから、もしセフレとの関係を維持したいなら、細心の注意を払い決してバレないようにしなくてはいけません。

浮かれて妻やセフレの夫にバレないよう、慎重に行動してくださいね。

 

セフレとはどこで出会えるの?セフレ経験者67人に聞いた結果

セフレとどこで出会った?
調査方法:インターネット調査
出会い系サイト 20人 29.9%
職場 10人 14.9%
知り合い 8人 11.9%
SNS・掲示板など 7人 10.4%
居酒屋・バー・クラブ 6人 9%
学校 5人 7.5%
合コン 3人 4.5%
風俗 2人 3%
同窓会 2人 3%
イベント 2人 3%
その他 2人 3%

アンケートの結果、思っていた通り、出会い系サイトでセフレを作ったという方が、全体の約3割というダントツの多さになりました!男性・女性ともに、1番多かったです。

出会い系では無い、SNSなどのインターネットと答えた方もそこそこいました。これを合わせると、4割の人がインターネット全般でセフレを作っているということになります。

セフレと出会った方法とは|セフレ経験がある男女67人に聞いた

2017.09.04

出会い系でセフレを作った77人に聞いた!どのサイトを使った?

どのサービスで出会ったか?
調査方法:インターネット調査
ハッピーメール 12人 15.6%
ペアーズ 10人 13.0%
PCMAX 6人 7.8%
ワクワクメール 4人 5.2%
mixi 4人 5.2%
モバゲー 3人 3.9%
その他(2票以下) 38人 49.4%

結果は、1位ハッピーメール、続いてペアーズ、PCMAXと続く感じです。

mixiやモバゲーなどは時代を感じますね。昔はこれらソーシャルゲームサービスを通じて出会うこともできましたが、今は廃れてきているので難しいかと思われます。

その他には、twitterや掲示板、昔流行った出会い系、マイナーな出会い系などがありました。

セフレ探しに適した出会い系サイト


・ハッピーメール(18禁)

・PCMAX(18禁)

このあたりの出会い系サイトが良さそうですね。

この2サイトは、今でも広告費かけて宣伝していますので、アクティブユーザーはそれなりにいるかと思います。その代わり割り切り目的もたくさんいるので、見極める力が大事です。

ペアーズは真面目な恋愛マッチングサイトなので、セフレも結果的にそうなったという方が多いです。最初からセフレ目的だとちょっと使いづらいかもしれませんね。

【セフレ経験者に聞いた】セフレ作りで使った出会い系ランキング

2017.10.30

出会い系の上手な使い方(管理人の方法)

「割り切り目的」と「素人女性」の見極め方法は、割り切り目的の人の気持ちになれば、ある程度なら区別はつきます。

それは、「投稿を繰り返している女性」「いろんなカテゴリに複数投稿している女性」は割り切りである可能性が高いということです。逆に、いつも見ない女性の投稿があれば、素人の女性である可能性が高くなります。もちろん絶対ではありませんが。

<出会い系で女性に会うポイント1>
いつも見る女性は避けて、初めて見る女性を狙う

それと、特定の出会い系サイトに絞らないで、広告をよく見かけるちゃんと運営されている複数のサイトに登録して、定期的に各サイトの投稿者の顔ぶれを確認することが重要です。

例えば、仕事終わりに確認する、20:00に確認する、土日のみ確認するなど、ルールを設けておけばサイト閲覧だけは案外簡単です。そして、「この子、初めて見るかも!」っと思ったら返信や直接メッセージを送るようにしましょう。

<出会い系で女性に会うポイント2>
複数の出会い系サイトに登録し、定期的に投稿女性の顔ぶれを確認する

出会い系サイトでは「気持ちの余裕」が大切です。セフレが欲しいと焦ると、稼働していないアカウントに大量に直メッセージを送ったり、エッチなプロフィールなどを見てしまい、無駄にポイントを消費してしまいます。

<セフレ探しにおすすめ出会い系サイト>

・ハッピーメール(18禁)

・PCMAX(18禁)