複数のセフレを持つ4つメリット・8つデメリット【経験者に聞いた】

複数のセフレを持つ4つメリット・8つデメリット【経験者に聞いた】

世の中には、セフレばかり何人もはべらせている人がいると言われています。セフレが1人いるだけでもすごいのに、それが何人もいるというのはなかなか信じられない話ですよね。

そういった人たちはいったいどのような性生活を送っているのか、気になりませんか?

そこで今回は、複数のセフレがいる・いたという男女に、セフレを複数持つメリット・デメリットを聞いてみました。

アンケート回答男女75名
男性:46名
女性:29名

同時にいたセフレの平均は2.6人

実際に何人のセフレが同時にいたのか、気になりますよね。人数が多くなればなるほどよりどりみどりで羨ましさもありますが、同時に色々と面倒くさそうです。

結果がこちら。

同時期に何人のセフレがいた?
2人 36人 48%
3人 33人 44%
4人 5人 6.7%
5人 1人 1.3%

一応、6人以上の項目も用意していたのですが、さすがにそこまでの人はいませんでした。5人というのが最高記録です。

平均すると2.6人
複数いると言っても、そんなにいっぱいいるという感じではありません。

セフレが複数いても3Pはほぼしない

複数のセフレがいると聞くと、気になるのが”複数プレイ”をしたことはあるのかどうかという点ですよね。

結果はこちらです。

セフレ達と3Pなど複数プレイをしたことある?
ある 4人 5.3%
ない 71人 94.7%

ほぼ経験はなし、ということでした。

のちほどデメリットの項目にありますが、相手同士は面識が無い、相手同士にバレないようにしているという人がかなり多く、複数プレイなんてとてもじゃないができないようです。

ヤリたいときにできるのが複数のセフレがいる大きなメリット

では、複数のセフレがいるとどんなメリットがあるのか、結果を見てみましょう。

複数のセフレがいるメリット
いつでもセックスできる 37人 49.3%
飽きがこない 20人 26.7%
相手を選べる 6人 8%
やりたいプレイができる 4人 5.3%
その他 8人 10.7%

一番はやはり、時を選ばずにセックスができるという点でした。

1人のセフレが忙しくて構ってもらえないときでも、違うセフレに相手をしてもらうことができます。セフレ1人よりも2人、さらに3人4人と増えればそれだけタイミングが合いますよね。

二番目に多かったのは”飽きることなく新鮮“という回答でした。相手によって体の相性も違うし、許されるプレイが違うこともあるでしょう。

三番目に多い”相手を選べる“という回答も同様でしょう。その日の気分によって相手を選べるので、よりマンネリが起きにくくなるのではないでしょうか。

ここからはアンケートの回答もみていきましょう。

いつでもセックスできる

  • 遊びたいときに遊べるし彼女とは違い記念日などもなく気を使わない男性
  • 行為の間隔があかないので凄くやりたい、ムラムラするといった事がなく常に潤っている感じでした。(女性
  • だいたいしたい時にできる。声をかければ、誰かしら引っかかる。男性
  • 1人の時間が少なくて、寂しがり屋だったわたしには、とても便利でした。
    基本的に呼べばすぐ誰かと会えたので心の隙間を埋めることができた。(女性
  • 片方ダメならもう片方呼び出せる。割り切りができる(男性
  • 寂しくなったときに、誰かと会って抱いてもらえる。女性

男性は性欲が溜まれば、女性は寂しいときに、いつでも好きなときにセックスできるというのが大きな利点です。もちろん、全員に断られてしまうこともありますが、人数が多くなればなるほどその可能性も低くなります。

飽きがこない

  • 違う女性が相手にしているとマンネリ化というか倦怠期が無い。男性
  • いろんなタイプの女性と(胸の大きさ、スタイル、プレイ等)セックスが出来て楽しい。(男性
  • 刺激が多くある女性
  • 同じ相手とのセックスは気心が知れていて良いものですが、何度も繰り返すと新鮮味は薄れてきてしまうので、複数のプレイ相手が居るとマンネリもなくなるから。(男性
  • 相手によってプレイが違う女性
  • 刺激を求めてセフレがいるので、複数いたほうが色々なプレイができて飽きない。女性

相手によってスタイルや趣味・趣向が違ったり、できること(プレイ)が違うので飽きがこない、常に新鮮という声が多くみられました。

どちらかといえば男性からの意見が多いですね。行為自体に目的があるゆえに、男性の場合は相手のスタイルやプレイの中身が重要になってくるのでしょうか。

相手を選べる

  • 男を顔とテクニックだけで選べて、やる事だけして後腐れなく時間を有効活用できる(女性
  • 気分に合わせて相手を選べる女性
  • 片方のやり方に満足できなくても、もう片方で補える女性
  • その時の気分によって相手を選べる。女性
  • 気分に合わせて合う相手を変えられること。また、こちらの休みの都合に合わせて相手を変えることで、日程の制約なく楽しめる(男性

「飽きがこない」という意見と近い印象もありますが、どちらかといえば女性から多く寄せられました。

男性がプレイ内容を中心に考えているのとは逆に、誰が相手なのかを中心に考えているのが女性と言えるかもしれません。

やりたいプレイができる

  • いろんな性癖を満たす事が出来る男性
  • マニアックなプレイが出来る女性
  • 全員がお互い顔見知りで割り切った関係だったので、複数プレイ含めお互いがやりたい事が出来ました。男性がみんな体力ある方で、こちらがプレイに対して不満に思う事がなかったです。また、自分は普段と変わらないつもりでしたが、この期間はナンパされる回数が多かったです。(女性

恋人や夫婦だとできないようなことでも、セフレのような関係であればしやすいという意見もありました。

アナルセックスやSM、セフレ同士で了解を得る必要がありますが複数人プレイなど、通常ではなかなか頼みづらいこともセフレだったら断られてしまってもさほどダメージは無いということなのでしょう。

その他

  • 単純にセックスが上手くなります。
    恋愛、セックス以外のことについても積極的になれます。
    女の子それぞれの身体的な特徴がよく分かるようになります。
    男性

色々な相手とプレイすることで経験値が増えるということですね。相手によって求めることも違ってくるので、対応力も上がるでしょう。

  • 自分は女性なので、夕食やオヤツなど食費が浮く。(女性

女性の場合は、ホテル代を出してもらったり食事をご馳走になったりする場合もあります。セフレが1人の場合だと相手の負担も大きくなりますが、複数いれば頼みやすいのかもしれません。

  • 片方の女性とのセフレ関係が失われても、もう一人居るという安心感がある。(男性

セフレは割と簡単なことで喧嘩したり音信不通になってしまいます。複数いれば、たとえ1人と関係が終わってしまっても「別に良いか」という余裕も生まれるでしょう。

逆にその余裕のおかげで、セフレとうまいこと長く付き合える可能性もあるかもしれませんね。

セフレが増えるほど面倒は増える

逆にセフレが複数いるデメリットを聞いてみたら、以下のような答えがかえってきました。

複数のセフレがいるデメリット
気配りが必要 16人 21.3%
日程調整が面倒 13人 17.3%
お金がかかる 13人 17.3%
病気が怖い 11人 14.7%
パートナー・他のセフレ・知り合いにバレる 7人 9.3%
罪悪感がある 4人 5.3%
疲れる 4人 5.3%
妊娠が怖い 2人 2.7%
その他 5人 6.7%

かなり幅広い意見が寄せられていて、メリットよりも多岐にわたる印象を受けますね。

気配りが必要

  • 気づかれたり、傷つけないように、気配りにつかれてしまう。(男性
  • ールを見られて嫉妬される、ヘンな競走心を持たれる女性
  • 名前を間違えたり、以前行ったお店などがごちゃごちゃになってしまうことです。(男性
  • イベント日などは少し面倒…女性
  • まんべんなく会わないと関係が途切れそうなので、連絡を全ての女の子ととるのが面倒でした。(男性
  • セフレといえど友人。異性として気を遣うため、マメに連絡してあげる手間が人数増えるほど大変。(男性

セフレといえどセックスだけしていればOK、ということではありません。

食事などデートをしたり、たまにはプレゼントをあげてみたり、連絡も欠かせないのです。

セフレに連絡+会う頻度は?セックスしたい時だけじゃダメ?

2017.09.12
また、セフレに他のセフレがバレたくないという場合は、色々と裏工作も必要になってきます。間違って違うセフレのことを話そうものなら・・・。

日程調整が面倒

  • 日程調整がめんどくさい男性
  • 両方から誘われた時のスケジュール調整が大変(女性
  • 予定を合わせたり、スケジュール管理が大変。男性
  • 約束が重なった時に、断る理由を考えたり、拗ねられたりすると彼氏でもないのに、と、ちょっとめんどくさくなる。女性
  • スケジュール調整と、体力が大変。(男性
  • 向こうが合いたい時、週末などに予定などが被ってしまうと、誘われる回数が段々と減ってきて結果的に疎遠になってしまい関係が終わってしまう事が多い。(男性
  • まれに日にちがバッティングしてしまって、かなり迷う女性

約束の数が増えれば、それだけスケジュールの管理が大変になりますよね。人間、セックスだけして生きているわけではありませんから。

誤ってバッティングしてしまったときは修羅場です。どちらかを切り捨てるわけなので、あとあと埋め合わせが必要になったり、最悪関係が終わってしまうかもしれません。

お金がかかる

  • 金がかかる男性
  • 金銭面が大変。金がかかる(男性
  • お金、時間、体力が必要になり、仕事との兼ね合いで消耗すること。(男性
  • 向こうから要求されることも多くなると、ホテル代がけっこうかかる。(男性
  • 交際費が倍になる。ホテル代など男性

全て男性からの意見でした笑

ホテル代や食事代は、基本的に男性が出した方がいいとされています。

セフレと飲み代やラブホテル代が割り勘だったらどう思う?【女性50名ガチアンケート】

2018.04.12
上で書いた通り、セフレといえど色々とお金を出す必要はあります。人数が増えれば単純に倍、バカになりません。

病気が怖い

  • 性病の危険性がある。男性
  • 相手にも、他にセフレがいる可能性があるため、病気が怖いです。男性
  • 性病。
    向こうもセフレって分かってるんで不特定多数と関係持ってるんだけど、誰かがどっかで病気貰ってきたらいきなり流行しちゃうからね。
    犯人捜しも候補が複数いるとやりにくいし。男性
  • 性病などの心配がありました。女性
  • 病気になる確率が高くなる。女性

相手がセフレとあれば、貞操観念なんてあるわけありません。他にもセフレがいたり、遊びが多いと考えておくべきでしょう。

そうなってくると怖いのは病気ですよね。例え自分とのセックスでしっかり対策してくれていたとしても、他所でどうしているかはわかりません。

パートナー・他のセフレ・知り合いにバレる

  • 何かの間違いでお互いセフレが知り合いになってしまった時がとても怖い。復讐される可能性があること。(女性
  • 部屋に呼ぶ場合は痕跡を残さない様にしなければならない事や外で会うときは鉢合わせしない様にしなければならいのが面倒です。(男性
  • ばれた時に大変。女性
  • 彼女にセフレがいるのを隠しきるのが大変でした。(男性
  • 彼氏や夫がいる場合、バレる可能性が高くなる。(女性

恋人や夫婦関係など正式なパートナーがいる場合、バレると大変です。とくに結婚している場合、離婚の可能性もあり慰謝料などの問題があります。

また、友人や知り合いにバレた場合も危険です。セフレという関係は世間一般的にあまり褒められたものではないので、注意が必要になります。

他のセフレにバレたくないという人が多いという意見も多いです。相手が嫉妬してしまう危険もあります。

罪悪感がある

  • 罪悪感とか背徳感があります。女性
  • 罪悪感が生まれる女性
  • 本気で好きな人が出来た時に罪の意識を必要以上に感じます。女性

結婚していたり恋人がいる場合、やはり罪の意識があるという方もいるでしょう。バレたときも怖いですしね。

余談ですが、なぜか女性からのみの意見でした。男性はセフレということに対して罪悪感は薄いのでしょうか?

疲れる

  • 体力と時間が結構必要。(男性
  • デメリットとしては最初は楽しいけど長く関係を続けていると複数人と定期的に会わないといけないため疲れる。(男性
  • 向こうからの求めに応じていると数日連続して行為をすることあるので精力の維持がキツイ。(男性

お金の話と同じく男性からのみの意見です。女性もセックスをすれば疲れるはずですが、不思議と女性から”疲れる”という意見はありませんでした。

これも、セックスに求めていることが男女で違うことが起因しているのかもしれませんね。

妊娠が怖い

  • 妊娠のリスクが高くなる男性
  • もし誤って妊娠してしまったとき、相手の特定ができない。女性

コンドームやピルなど避妊方法は色々ありますが、実はどれも完全ではありません。回数や相手が増えれば、それだけ妊娠の可能性が出てきます。

セフレ経験のある女性50人に「あなたの避妊方法」を聞いてみた

2017.10.14
妊娠した場合は結婚できれば一旦丸く収まりますが、結婚という選択肢が取れない場合は避けられない問題が山積みです。

  • 子供を産むのか・産まないのか?
  • 認知はするのか?
  • 養育費はどうするのか?
  • 中絶費用は?

どれも簡単に解決できるものではなく、司法の場で話し合いが必要になる可能性も高いです。

「ヤバっ、セフレが妊娠した!」結婚・中絶・認知?どうする!?

2017.09.08

問題を起こしたくないのであればしっかり避妊しましょう。

その他

  • 関係がなくなった時何とも言えない関係になる。(男性

かなり気まずそうですね。普通の友達や知り合いに戻る、というのもなかなか難しいのでしょう。

  • 周りにバレるとかなりちゃらいと思われる。彼氏ができない。女性

セフレがいる=チャラい・ヤリチン・ヤリマン、といったマイナスイメージはどうしても付きまといます。

  • セックスが終わったあとに虚しくなるときがあります。(女性

自分があくまでセフレである、と改めて思うと虚しくなってしまうこともあると思います。

セフレを複数持つには高い処理能力も必要

セフレが複数いるメリットは、

  • いつでもセックスできる
  • 飽きがこない
  • 相手を選べる
  • やりたいプレイができる

といった感じで、逆にデメリットは、

  • 気配りが大変
  • 日程を合わせるのが大変
  • お金がかかる(男性限定)
  • 病気や妊娠の危険性
  • バレる
  • 罪悪感がある
  • 疲れる

といった意見が多く見られました。

こうしてみると、セフレが複数いる人はモテるというのは当然なのですが、複数のタスクを同時にこなしていく能力も求められるということがわかりました。

LINE・メールのやり取りも人数の分だけ行う必要があり、日程もバッティングしないように調整しなければ、うまくセフレと付き合っていくことができません。

もちろん、人数が増えればそれだけやり取りも増えるし、人によって求めることも違うので余計に複雑で大変になっていくでしょう。

セフレを作るにしてもまずは恋人の他に1人、といった感じに自分にあった人数から初めてみた方が良いのかもしれませんね。

 

セフレとはどこで出会えるの?セフレ経験者67人に聞いた結果

セフレとどこで出会った?
調査方法:インターネット調査
出会い系サイト 20人 29.9%
職場 10人 14.9%
知り合い 8人 11.9%
SNS・掲示板など 7人 10.4%
居酒屋・バー・クラブ 6人 9%
学校 5人 7.5%
合コン 3人 4.5%
風俗 2人 3%
同窓会 2人 3%
イベント 2人 3%
その他 2人 3%

アンケートの結果、思っていた通り、出会い系サイトでセフレを作ったという方が、全体の約3割というダントツの多さになりました!男性・女性ともに、1番多かったです。

出会い系では無い、SNSなどのインターネットと答えた方もそこそこいました。これを合わせると、4割の人がインターネット全般でセフレを作っているということになります。

セフレと出会った方法とは|セフレ経験がある男女67人に聞いた

2017.09.04

出会い系でセフレを作った153人に聞いた!どのサイトを使った?
2018年9月更新(累計)

どのサービスで出会ったか?
調査方法:インターネット調査
ハッピーメール 21人 13.7%
Jメール 19人 12.4%
タップル誕生 15人 9.8%
PCMAX 14人 9.2%
ペアーズ 12人 7.8%
ワクワクメール 7人 4.6%
with 5人 3.3%
mixi 4人 2.6%
YYC 4人 2.6%
Facebook 3人 2%
Twitter 3人 2%
モバゲー 3人 2%
その他(2票以下) 43人 28.1%

結果は、1位ハッピーメール、続いてJメール、タップル誕生と続く感じです。

mixiやモバゲーなどは時代を感じますね。昔はこれらソーシャルゲームサービスを通じて出会うこともできましたが、今は廃れてきているので難しいかと思われます。

その他には、twitterや掲示板、昔流行った出会い系(スタビなど)、マイナーな出会い系などがありました。

セフレ探しに適した出会い系サイト


・ハッピーメール(18禁)

・Jメール(18禁)

・タップル誕生(18禁)

このあたりの出会い系サイトが良さそうですね。

これらのサイトは、今も広告費かけて宣伝していますので、アクティブユーザーはそれなりにいるかと思います。その代わり割り切り目的もたくさんいるので、見極める力が大事です。

ペアーズは真面目よりな恋愛マッチングサイトなので、セフレも結果的にそうなったという方が多いです。最初からセフレ目的だとちょっと使いづらいかもしれませんね。

【セフレ経験者に聞いた】セフレ作りで使った出会い系ランキング

2017.10.30

出会い系の上手な使い方(管理人の方法)

「割り切り目的」と「素人女性」の見極め方法は、割り切り目的の人の気持ちになれば、ある程度なら区別はつきます。

それは、「投稿を繰り返している女性」「いろんなカテゴリに複数投稿している女性」は割り切りである可能性が高いということです。逆に、いつも見ない女性の投稿があれば、素人の女性である可能性が高くなります。もちろん絶対ではありませんが。

<出会い系で女性に会うポイント1>
いつも見る女性は避けて、初めて見る女性を狙う

それと、特定の出会い系サイトに絞らないで、広告をよく見かけるちゃんと運営されている複数のサイトに登録して、定期的に各サイトの投稿者の顔ぶれを確認することが重要です。

例えば、仕事終わりに確認する、20:00に確認する、土日のみ確認するなど、ルールを設けておけばサイト閲覧だけは案外簡単です。そして、「この子、初めて見るかも!」っと思ったら返信や直接メッセージを送るようにしましょう。

<出会い系で女性に会うポイント2>
複数の出会い系サイトに登録し、定期的に投稿女性の顔ぶれを確認する

出会い系サイトでは「気持ちの余裕」が大切です。セフレが欲しいと焦ると、稼働していないアカウントに大量に直メッセージを送ったり、エッチなプロフィールなどを見てしまい、無駄にポイントを消費してしまいます。

<セフレ探しにおすすめ出会い系サイト>

・ハッピーメール(18禁)

・Jメール(18禁)

・タップル誕生(18禁)