アソコの臭い別!魚の腐敗臭・チーズ臭など考えられる原因と解決方法

女性にとってアソコが臭いというのは、かなり致命的です。

ちょっと臭いだけなら、好みの男性もいる…かもしれませんが、魚の腐敗臭やチーズ臭などがする場合は、彼や夫、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。

もし「最近下着を脱いだら腐ったような臭いがする」「彼がクンニを嫌がるようになった」「臭いと指摘された」といったことがあれば、ここで原因と解決法をチェックしてください。

放っておくと不妊につながるものもあるので、注意してくださいね。

「アソコの臭い別」考えられる原因と対処法

おりものの臭いや形状の変化から、何が原因なのかをある程度判断することができます。

あなたの気になっている臭いや、おりものの状態と似た項目を見て原因を考えてみましょう。
よくある、代表的なものをご紹介しますね。

臭いの種類 おりものの状態 その他の症状 考えられる原因
酸っぱい臭い 粘り気がある、乾いたら黄色くなる なし 正常
腐敗臭、魚が腐った臭い 水っぽく灰色、黄色などに変色 かゆみ、ただれ 細菌性膣炎
無臭、生臭い(※膣炎を併発する恐れあり) 水っぽい、量が増える かゆみ、性交痛、不妊症の原因になることも クラミジア感染症
無臭、チーズ臭、刺激臭 チーズや酒粕に似た形状 かゆみ、焼けるようなほてり カンジダ膣炎
(膣カンジダ症)
激しい魚の腐敗臭 泡状で黄色や黄緑に変色 かゆみ、痛み、焼けるようなほてり トリコモナス膣炎
特になし 黄緑に変色、膿状になることも 激しいかゆみ 淋菌感染症(淋病)

該当した項目はありましたか?

臭いだけでなく、おりものの形状や症状と照らし合わせて判断してください。
「もしかして?」と思う項目があったら対処法を見て、できるだけ早めに行動に移してください。

アソコの臭いの対処方法

アソコの臭いが気になって、原因が何となくわかったら治す方法を知って対処しましょう。

細菌性膣炎を解決する方法

細菌性膣炎を治すには、婦人科に行くのが一番早い方法です。
我流で治そうとしても、長引いて症状を悪化させる可能性が高いです。

細菌性膣炎になるのは、以下のような原因があります。

  • 体調不良による免疫力低下
  • 抗生物質の服用
  • 生活習慣の乱れ
  • 疲れやストレス
  • 膣の洗い方が間違っている(洗いすぎなど)
  • 生理前後や妊娠

細菌性膣炎の治療では、抗生物質などの膣錠を膣内に挿入する、膣の洗浄、内服薬や軟膏などを用いるのが一般的です。

発症は生活習慣やストレス、疲れなども関係しているので、細菌性膣炎が原因でおりものに臭いが出ている場合は日頃の生活も見直してください。

生活習慣を整え、ストレスがある場合は上手く発散する方法を見つけましょう。
睡眠も非常に大切なので、寝不足には注意してくださいね。

クラミジア感染症を解決する方法

クラミジア感染症は、感染しても症状が出にくいので日本では特に多い性病のひとつです。

知らずに感染しているので、セックスのパートナーが変わるたびに感染者を増やすこともあるので、コンドームでしっかり感染予防するのが得策です。

クラミジアでニオイが発生するとしたらオリモノの増加が考えられます。ほかにも、膣内の抵抗力が下がり、膣炎(細菌性膣炎やカンジダなど)を併発しやすくなり、合併症によってアソコが臭くなることがあります。

治療は婦人科でしっかり行うようにしましょう。
軽度であれば、薬を飲むだけでOKなので、悩んだまま放置しないようにしてください。放っておくと流産や不妊症の原因にもなります。

カンジダ膣炎を解消する方法

カンジダは性病と思われがちですが、そうではありません。
カンジダ膣炎を発症させる「カンジダ菌」は、私たちが誰しも持っている常在菌です。

常在菌であるカンジダ菌が、何かの影響により異常に多くなることで発症します。
何らかの影響とは、細菌性膣炎と似ており、生活習慣の乱れや体調不良による免疫力低下などが考えられます。

また、疲れやストレスもカンジダ膣炎の原因になるので、日頃からため込まない工夫をしましょう。

治療法は、婦人科を受診し抗真菌薬の膣錠、飲み薬、塗り薬などにより治療します。
再発の多い病気なので、かかりつけ医を見つけておくと安心です。

トリコモナス膣炎を解決する方法

トリコモナス膣炎も、性病と思われがちですが処女の女性や幼児でも感染する人がいます。
もちろん、セックスで感染しますが、他にもトイレの便器やタオル、下着などに付着した膣トリコモナス原虫により、感染することが分かっています。

トリコモナス膣炎になると、まずおりものに異常が出ます。
泡状で変色したおりものが特徴的なので、思い当たるならすぐ婦人科を受診しましょう。

治療では、錠剤を10日ほど服用するだけでOKです。
セックスするパートナーがいる場合は、一緒に治療をしないと何度も感染することになります。

淋菌感染症(淋病)を解決する方法

淋菌は、空気感染が難しいくセックスを介して感染します。
性病の中では、合併症などを引き起こす危険な病気のひとつなので、疑わしいことがあればすぐに婦人科を受診しましょう。

男性の場合、感染後一週間もすれば尿道から膿が出たり痛みがでたりするので、感染に気付きやすいのですが、女性は比較的症状が出にくいので見過ごしがちです。

女性は淋病をそのまま放置しておくと、炎症がひどくなり不妊症になるケースや、出産時に赤ちゃんに感染することもあるので、早めに気付き治療しなくてはいけません。

治療法には、薬の服用や点滴などがあるので早めに婦人科を受診してください。
放っておくと自然と治るものではないので注意してください。

アソコが臭くなったら他にも注意点が!

アソコが臭くなる原因は、病気ばかりではありません。

洗い方が間違っている場合も多く、きちんと洗えてないために、膣に汚れや恥垢がたまっているケースや、洗いすぎによって自浄作用が低下し、悪玉菌が増殖し臭いが発生することもあります。

デリケートゾーンの正しい洗い方は?間違った方法はアソコが臭くなるかも!?

2019.01.10

また、体臭になりやすい食べ物によってアソコが臭くなることもあります。
キムチ、ニンニク、ニラ、ネギ類などは食べ過ぎないよう注意してください。

アソコが臭くなる食べ物【5種類】逆に改善する食べ物【2種類】

2019.01.16

他には、体質である「すそわきが」の可能性もあるので、上記の症状に当てはまらないのに臭い場合は、これらも疑ってみましょう。

おりものの臭いが変わったら早めに婦人科へ

ずっと臭いに悩んでいる場合は、間違った洗い方やすそわきがの可能性がありますが、急にニオイが出てきた場合は病気や炎症を疑ってみましょう。

中には、症状が出ないものもあるので、可能であれば定期的に産婦人科で検査することをおすすめします。
妊娠していないと、産婦人科を受診するのは勇気がいるかもしれませんが、今後結婚し妊娠や出産をしたいと考えているのなら必要なセルフケアです。

恥ずかしい、面倒くさいなどの気持ちがあれば、放置して大きな病気に発展したり彼氏に臭いが原因で振られたりすることを想像してみてください。
そんなことは言ってられませんよね?

アソコに違和感があったら、すぐに受診し早期発見早期治療を目指しましょう!

あわせて読みたい関連記事

愛され女子になるにはアソコの臭いケアも大事!?
「まんこが臭かったら男性はどう思うのか?」
「クンニは絶対に嫌?」
「まんこが臭い女性とは付き合いたくない?」
男性50人のリアルな本音をチェックしてみて下さい。

【女性閲覧注意】アソコ(まんこ)が臭いとクンニ無理?付合えない?男性50人の本音

2018.06.25

 

自分のアソコは臭いと思う?【女性100人アンケート】

自分のアソコは臭いと思う?
調査方法:インターネット調査
臭いのか臭くないのか
分からない
40人
ちょっと臭いかも 38人
臭くないと思う 12人
臭いかも 10人

「臭くない」と自信を持って答えた女性は1割程度しかいませんでした。半数近くは「ちょっとでも臭い」と感じているようです。

また「分からない」と回答した方が一番多く、いかに自分のニオイが自覚しづらいかが分かります。自分は平気だと思っていてもパートナーから臭い思われているかもしれません。

デリケートゾーンの臭いケアはしたことある?【女性100人アンケート】

デリケートゾーンの臭いケアはしたことある?
調査方法:インターネット調査
ある 48人
ない 52人

半々という結果に。
2人にひとりはアソコの臭いケアをする時代になってきているようです。

では、具体的にどんなケアをしているのでしょうか?

  • デリケートゾーン用のウェットティッシュを使用しています。
  • 専用の洗剤で洗った。
    痒みが出た時は婦人科を受診した。
  • 普段使っているボディソープから、優しく洗える低刺激の石鹸に変えました。
  • デリケートゾーン専用の石鹸を使ったとこがあります。
    インターネットで購入しました。
  • 自己ケアとしてはきれいにお風呂に入ったときに洗ったり、トイレの度にビデを使ったりパンティーライナーをマメに変えたりする。
    それでも無理な場合は病院に行ったこともありました。
  • ブラジリアンワックスでVIO脱毛した。
    デリケートゾーン用せっけんを使うようにした。
    保湿をしてお手入れをするようにした。
  • アソコのにおいに効果があるという、ソープを使ってみました。
  • 臭いを抑えるスプレーを使った。

一番多かったケアの方法は「デリケートゾーン専用の石鹸やスプレー」を使ったものでした。

そして、なかにはビデの多様など間違った方法でケアしている方も見受けられました。

 

販売元の「ラブコスメ」で
15年連続人気No.1 販売個数305万個突破!